糖尿病とは

糖尿病とは記事一覧

糖尿病とは、血糖値、もしくはヘモグロビンA1c値が正常値を外れたとき「あなたは糖尿病です」と診断されます。糖尿病の種類には、大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病があります。厚生労働省ホームページによると《1型糖尿病》とは膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病...

糖尿病になりやすい人とは、どんな人でしょうか。日本で多い糖尿の種類は、2型糖尿病で、日本国内の糖尿病患者の90〜95%が2型糖尿病だと言われています。2型糖尿病とは、インスリン不足により細胞内に上手くブドウ糖が取り込まれなくなったために起こる病気です。ブドウ糖は、体のエネルギーとして欠かせないもので、例えば、体温を一定に保ったり筋肉を動かしたり、内臓の働きや神経の働き脳の思考に関しても無くてはなら...

子供がなる糖尿病は、1型糖尿病と言われる糖尿病で血液中のブドウ糖を分解し血糖値を下げるインスリンがほとんど分泌されないか、全く分泌されない場合です。インスリンが分泌できない原因は、遺伝的なものやウイルスによるものではないかと言われていますが、はっきりした原因は、まだ不明です。1型糖尿病は、別名小児糖尿病とか若年性糖尿病と呼ばれています。しかし近年子供の糖尿病も2型糖尿病を発症する子どもたちが増えて...

糖尿病と糖尿病予備群を合わせると2000万人近くになる現在糖尿病かどうか心配になったら、まずは検査を。検査は、病院で医師の診察を受け検査する方法と糖尿病検査キットで自宅で行う方法があります。糖尿病とは、インスリンの分泌能力の低下によりブドウ糖をうまく分解できず血糖値が上昇しておこる病気です。糖尿病かどうかの判断は、この血糖値の数値により判断できます。健康体の人でも、血糖値の値は空腹時と食事後では違...

糖尿病という病気は、それ自体は、怖い病気ではありませんが、それに伴う合併症が、命にかかわる場合があるので甘く見てはいけない病気です。また糖尿病は、完治しにくい病気のひとつです。糖尿病になる原因は、遺伝の場合も少なくないと言われていますが、誰がなってもおかしくないほど糖尿病は、予備軍を含めて増えています。では、糖尿病を予防するには、どうすればよいのでしょうか。糖尿病の予防には、誰でもできることとして...