妊娠糖尿病の予防には

妊娠糖尿病の予防には

妊娠糖尿病

妊娠するとホルモン分泌の関係でインスリンのコントーロールがうまく行われず高血糖になる場合が少なくありません。

 

高血糖が続くと赤ちゃんと母体にいろいろな悪影響を与えます。

 

赤ちゃんの場合胎児の臓器は妊娠4週間ごろから形成されます。
その為妊娠初期に高血糖が続くと骨格系、消化器系、心血管系等に異常が生じ奇形児や耳や口に異常のある子どもが生まれるリスクが増えます。

 

母体の場合,流産、早産や赤ちゃんが大きくなりすぎ難産になる可能性もあります。

 

インスリン注射などで血糖値をコントロールする場合出産直後の赤ちゃんが低血糖になる場合もあるので軽い症状の妊婦は、食事と運動で血糖値のコントロールを行うことをお薦めします。

 

妊娠糖尿病予防の食事は、

●自分自身の1日の必要エネルギー量を知る。
●体重のコントロールに気をつける。
●塩分控えめ低カローリー食を心掛ける。
●間食を摂る場合は、果物、野菜中心。

 

また低血糖を防ぐ場合は、1回の食事量を減らし、1日4〜5回に分けて食べると良いでしょう。

 

運動は、

●ウォーキングや体操を行う。
ウォーキングの時間や体操の内容については
それぞれ専門医の先生と相談して行うことをお薦めします。

 

妊娠糖尿病は、妊娠高血圧症とも関連があり
妊娠による体調変化で食生活が乱れる事のないように
体重コントロール、血糖値コントロールには十分気をつけましょう。

 

妊婦体操参考例


病院で指導される食事療法では、なぜ血糖値は下がらないのでしょうか。


食事療法と言っても全て同じではありません。
血糖値が確実に下る食事療法でないと意味ありません。
もし興味があれば、こちらのサイトに詳しく書かれています。
◆食事だけで血糖値を下げる最新食事療法を御覧ください。

関連ページ

糖尿病治療のポイント
糖尿病の治療には、大きく分けて食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。軽度の糖尿病の場合は、食事療法と運動療法で血糖値のコントロールは充分可能です。糖尿病になる要因のひとつに運動不足があげられます。しかし、いきなり過度の運動するというのは望ましくません。
糖尿病治療とインスリン
糖尿病というと現代の病気だと思われていますが、実は、古代エジプトやギリシャの時代からあった病気だそうです。いろいろな文献にも登場し、原因不明で不治の病と言われてきたそうです。当時の糖尿病は、食生活や運動不足からくる現代で言う2型糖尿病は、ほとんど存在せず、
現在の糖尿病治療法
糖尿病と一言で言っても、その原因としては様々なものがあります。インスリンの分泌が不十分、もしくはできないタイプの糖尿病(1型糖尿病)の場合は、インスリンを経口投与もしくは注射で投与します。注射での投与が多いようですが、専門医の指導のもと患者に最も負担の少ない方法を選ぶとよいでしょう
糖尿病の教育入院制度とは?
2013年度だけでも、世界で約510万人の人々が糖尿病で命を落としているそうです。糖尿病は、自覚症状が無いため放置しがちな病気です。そこで糖尿病の教育入院制度で食事療法、運動療法を体験してもらうコースができたそうです。
不眠を治して糖尿病改善?
糖尿病患者は、健康な人と比べて不眠(睡眠障害)の人が約2倍多くいるという過去のデーターからより進んだ研究成果「糖尿病によって血糖値をコントロールできなくなると、睡眠障害が起こることを脳波計による実験で立証」が大阪市立大学の研究グループによって発表されました。
2型糖尿病患者は禁煙!もスタート時を間違うと逆効果?
糖尿病などの生活習慣病になるとまず生活習慣、食生活の改善が優先だと思われますが無闇に生活習慣を変えるとかえって逆効果の場合があります。例えば、禁煙です。イギリスにおける、2型糖尿病患者1万人あまりを対象に行われた研究によると
糖尿病予防は、筋肉トレーニングが効果的!