糖尿病と肥満、メタボとの関係性

糖尿病と肥満、メタボとの関係性

肥満

日本における糖尿病患者の90%以上は、
生活習慣が原因の2型糖尿病、別名「贅沢病」と言われているものです。

 

糖尿病は発症時点で、2型糖尿病は生活習慣、
特に食生活の乱れが原因だから暴飲暴食により肥満体型の人が多いのは容易に想像がつきます。

 

メタボリックシンドローム通称メタボの人は、
糖尿病になる確率が高い人だと言われても否定出来ないでしょう。

 

体重、体脂肪の多い人をメタボというように、
肥満は体重、体脂肪、内蔵脂肪が関係してきます。

 

肥満は、大きく分けて
単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります。

 

肥満には、明らかに見た目太っている体型の人と外見上は太って見えない人もいます。

 

太っていなくても、内臓脂肪が多い人は、いわゆる隠れ肥満と言われるものです。

 

これらの人も、立派な肥満でメタボでもあるわけですから、
太っていないからといって糖尿病とは無縁ではなく、
むしろ糖尿病になる確率は高くなります。

 

糖尿病患者の大半は、発症時太った肥満体型の人がほとんどです。

 

しかし糖尿病が進行すると
糖分を分解する機能そのものが低下してしまう為、痩せていきます。

 

普通大半の人は、体重の減少で体調の異常を感じるようです。
これでは、少し遅いのですが致し方ありません。

 

日頃の体重、体脂肪のコントロールには充分注意が必要です。

 

体重、体脂肪が計れる体脂肪計も多くのメーカーから発売されているので
体重計しかお持ちでない方は、
体脂肪も同時に計れるヘルスメーターを手に入れるのも一考かもしれません。

 

日頃から体重、体脂肪を上手くコントロールしていれば、
糖尿病になる確率もぐ〜ンと減るのではないでしょうか。

 


糖尿病は肥満から

肥満

太り気味で肥満の人、現代風に言えばメタボの人は、あらゆる病気にかかる確率が高くなると言われています。

 

糖尿病も例外ではありません。
現在のよう恵まれた環境の中にいる日本人には、
食の欧米化が進み高カロリーな食品を数多く食べ肥満気味の人が増えているのは否定できません。

 

便利な世の中になった反面、運動不足の人は増えています。
たくさん食べて、運動不足なら太ってしまっても当然でしょう。

 

では何故肥満が不健康の代名詞のように言われるのでしょうか。
また肥満気味な人は、糖尿病になる確率が高くなるのでしょうか。

 

肥満は、食生活の乱れ、生活習慣の乱れが原因で太ってしまったという人が大半です。

 

体重が増えれば増えるほど糖尿病のみならず他の生活習慣病になる確率は高くなります。

 

体重が増えた、肥満になったということは、
節度ある食生活や適度の運動ができなかったということと通じます。

 

当然肥満は、
糖尿病のみならず他の生活習慣病を引き起こす結果になります。
体にとって負担のある行為を続けた結果が肥満ですから
肥満と病気は切っても切れない仲なのかもしれません。

 

肥満気味の人が糖尿病になったら、
まず初期の糖尿病改善、治療方法としては減量をすることです。

 

たった数kg減量しただけで、
高かった血糖値が正常値近くまで戻ったという例は少なくありません。

 

糖尿病を治療改善する方法で一番安全な方法は、食事療法なのです。
正しい食事療法(血糖値が上がりにくくなる食品の摂取)を学び実践することです。

 

この食事療法に運動療法を加えて実行すれば、
血糖値のコントロールもスムーズに行えるのではないでしょうか。

 

肥満気味の人は、糖尿病を発病する前に減量をすることが大切です。


病院で指導される食事療法では、なぜ血糖値は下がらないのでしょうか。


食事療法と言っても全て同じではありません。
血糖値が確実に下る食事療法でないと意味ありません。
もし興味があれば、こちらのサイトに詳しく書かれています。
◆食事だけで血糖値を下げる最新食事療法を御覧ください。

関連ページ

糖尿病になったら
糖尿病ほど初期症状の少ない病気はないかもしれません。初期の糖尿病なら生活習慣をある程度改めるだけで完治できます。しかし初期の状態で糖尿病に気づく人はほとんどいないようです。原因は、どこかが痛いとか、しびれるとかいった症状が無いため、
糖尿病は遺伝する?
両親や祖父が糖尿病だと、糖尿病になる確率が高くなる、糖尿病は遺伝すると言われるのですが果たして本当でしょうか。病院で問診を受ける場合、近親者にガンや糖尿病になった人はいないか問診票に書かれていますよね
糖尿病とサプリメント
糖尿病に効果のあるサプリメントってあるのでしょうか?サプリメントには、医薬品と同じぐらい効果のあるものもあり、服用には注意が必要な物もあります。しかし糖尿病といっても、人により症状は様々で、 一つのサプリメントが、すべての糖尿病に効果的だとは考えられません。
糖尿病時のお酒とタバコはダメ?
ご存知のように、糖尿病は、糖尿病そのものより合併症が怖い病気です。合併症の多くは、命に関わるもので糖尿病の治療は合併症防止が目的といっても過言ではないと言われています。そういう意味からしても、糖尿病にはお酒とタバコは良くないとされているのです。
妊娠糖尿病って?
妊娠糖尿病ってどんな病気なんでしょうか。妊娠中に血糖値が高かったり、妊娠してはじめて血糖値が高いということが判明した場合を妊娠糖尿病と言います。妊娠中には検診の度に尿検査を実施して、タンパクや糖の数値を調べます。その時の尿検査で尿に糖が出ている場合、血糖値が高くなっている場合があります。
なぜ血糖値が高いといけないの?
血糖値がコントロール出来ないのが糖尿病ですが、血糖値は、誰でも食事をすれば上がります。ただ急激に血糖値が上がったり、下がったりすると危険です。糖質の多い食品を摂ると急激に血糖値があがる人がいます。血糖値が急降下すると危険です。
2型糖尿病患者と腎障害患者に警告!血圧は高すぎても低すぎてもダメ!
2型糖尿病や腎臓疾患を患うと心筋梗塞などの心疾患のリスクが高くなることは知られています。スウェーデンからの研究報告によると2型糖尿病と腎障害患者では、血圧が高すぎても低すぎても死亡リスクが高くなると報告されています。
座りっぱなしの仕事と糖尿病の関係
運動不足は、いろいろな疾患の要因の一つとしてよくあげられていますが、糖尿病とメタボに関してどのような関連があるのかを約2,000人を対象に5年間の調査を行った結果・・・
握力と糖尿病、高血圧症の関連性
アメリカのフロリダ大学の調査で握力で、糖尿病や高血圧症の予備軍が発見できるというおもしろい調査結果が報告されています。病気も重病になるにつれ握力も低下するとは思いますが握力の強弱で糖尿病や高血圧症の予備軍がわかるとは・・・
女性は、糖尿病になると認知症のリスクも増える?
女性には、インスリンの機能低下に伴い言語流暢性能力の低下が見られた。最近の研究では、脳もインスリン抵抗性によりアルツハイマーになる可能性があると報告されています。糖尿病は、自覚症状が非常に少ない病気なため、高血糖等を指摘されても放置しがちな病気の一つです。
糖尿病と乾癬(かんせん)
今回アメリカの研究チームが糖尿病患者約12,000人を対象に乾癬のある糖尿病患者と乾癬のない糖尿病患者のグループに分け調査が行われました。乾癬のある糖尿病患者では、毛細血管など非常に細かい血管の異常と比較的大きい血管の異常のリスクが高くなっていました。
タバコは、あらゆる疾病に悪影響!糖尿病にもなぜ?
16の危険因子の中でも、煙草による喫煙が最も死亡リスクが高かったそうです。糖尿病のリスクを上げているのも喫煙が原因だということが 近年問題視されるよになりました。喫煙は、血糖値を上昇させ、インスリンの機能を低下させることが報告されています。
血糖値を低くコントロールすることで、心疾患が減少?
血糖値が高いと血管にダメージを与え心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞などの脳血管疾患になりやすいのはよく知られていることです。では血糖値をコントロールして低く抑えれば良いのでしょうか?今回これらの調査がアメリカで行われました。
糖尿病改善薬も症状や薬の種類によっては死亡リスクを上げる?
睡眠時間が同じでも朝型と夜型では、大きく違う糖尿病リスク
韓国の研究チームが、睡眠と糖尿病、メタボリックシンドローム、サルコペニア、内臓脂肪との関連性について調べた結果、以上のことが判明しました。夜型の人は、朝型の人に比べて糖尿病、メタボリック症候群のリスクが高く、
こんな症状が出ていたら糖尿病予備群入りかも!
自覚症状がほとんどないのが糖尿病、自分がもしかして糖尿病ではないかと心配しているあなた!血液検査を受ける前に知りたいチェックポイントとは?
糖尿病は、あなたの家庭のゴミを見れば分かる?
あなたの家のゴミ箱を見れば糖尿病予備群かどうかが分かるって知っていました。家もゴミを1週間チェックすれば、あなたが生活習慣病か予備軍かがわかるそうです。チェックポイントは、5つ。今直ぐチェックしてみては・・・・
テレビの視聴時間が増えると死亡率が上がる?
テレビ視聴時間が一日1時間未満の人と比べてテレビ視聴時間が一日3〜4時間視聴で15%一日7時間以上の視聴で47%それぞれ死亡率がアップしたそうです。これらは、より便利になった社会を反映し米国に限らず日本でも同様の結果が見られるのではないでしょうか。