糖尿病とは

糖尿病最新情報記事一覧

糖尿病がアルツハイマー病等の認知症を発症する可能性が高くなることが判明。ワシントン大学の研究によると、マウスの血糖値を異常に高くすると脳内にアミロイドベーターというタンパク質の増加が認められた。アミロイドベーターというタンパク質は、アルツハイマー病の要因と考えられている物質の一つです。またピッツバーグ大学での研究によると、糖尿病でない人と糖尿病患者を比べると、糖尿病患者は、はるかに多くの脳内病変が...

イギリスで行われた大規模かつ長期間の研究で2型糖尿病患者において太り気味(肥満タイプ)の方が死亡率が低いと驚きの結果発表されました。2型糖尿病患者は肥満の方が多く、治療法として、まず痩せることを指導されていました。それが、太っている方が死亡率が低いとは・・・イギリスの研究チームは、心血管疾患の無い2型糖尿病患者について、肥満度指数(BMI)と予後に関する関連を調査したそうです。※BMI値とは、体重...

糖尿病患者とそうでない人の歯周病の比率は、圧倒的に糖尿病患者のほうが多いという研究結果が報告されています。糖尿病になると同時に歯周病になる確率が増えることから歯周病は糖尿病の合併症だと、かなり前から言われてきました。現在では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化し、また歯周病を治療すると糖尿病が改善するという研究結果も報告されています。原因は、歯周病菌の中に含まれるエンドトキシンという毒素です。歯周病...

コーヒーをよく飲む人は、飲まない人に比べていろいろな病気の発症率や死亡リスクが低いという研究報告が多く発表されています。多くの人々の生活習慣を調べて追跡調査し、病気との関係を調べる研究を「コホート研究」と呼ぶそうです。病気との因果関係を調べる上で、このコホート研究は、大規模で数多くの事例が必要だそうです。最近では、 国立がん研究センターの研究チームが全国の男女約9万人を対象に「あなたは、コーヒーを...

産経新聞ニュース・武蔵国分寺公園クリニック院長・名郷直樹氏の家庭医が教える糖尿病の話によると糖尿病を甘く見ていると大変なことになるというのがよく分かります。糖尿病は、合併症が怖いのだということはよく知られています。糖尿病の三大合併症といえば、網膜症、腎症、神経障害です。網膜症とは、眼の網膜部分の出血で視力が低下し、最悪、失明に至る病気です。腎症は,名前から想像できるように腎臓の病気で、糖尿病による...

糖尿病患者は、世界で激増中だそうです。イギリスのBBCによると、先進国での糖尿病患者は増加の一途で、原因の一つに過食による肥満が上げられています。この傾向は一部の新興国にも見られイギリスの医学雑誌「ランセット」に掲載された研究報告書によると、1990−2013年、糖尿病患者数は45%増えたということです。また世界各国188ヵ国、3万5000人分のデータを収集し、今までで規模が最も大きく20年間の糖...

安静時の心拍数が100を超える頻脈(成人の安静時の心拍数の正常値は毎分50〜70回)の場合、糖尿病を発症するリスクが高いということが米ペンシルベニア州立大学のXiang Gao准教授の調査により明らかになったそうです。調査対象:中国人男性 73,357人期  間:4年間の追跡調査その結果頻脈と糖尿病のリスクには相関関係があることが明らかになりました。「安静時の心拍数が高い頻脈の人は、体の機能低下に...

東部フィンランド大学の研究グループより「卵と2型糖尿病の発症」に関する調査結果が報告されました。調査対象:42〜60歳の男性、2332人調査期間:19.3年間の食事調査を行う。この追跡調査の期間中432人が2型糖尿病と診断される。この追跡調査の中で卵との関係を調べた結果、卵の摂取量が増えると、2型糖尿病のリスクが低下することが明らかになりました。具体的には、週4個卵を食べた男性は週1個食べた男性と...

アメリカの医療機関で歓迎されるのは「HONDA]さんだそうです。「H」はハイパーテンション(高血圧)「O」はオビース(肥満)「N」はノンコンプライアンス(医者言うことを聞かない聞かない人)「D」はダイアベテス(糖尿病・糖尿病予備群)「A」はアダルト(大人)血圧が高くて、太り気味、人の言うことを聞かない、糖尿病な大人をアメリカの医療機関では求められているそうです。なぜなんでしょう?理由は、これらの人...

糖尿病の早期発見には、検査が必要ですが、なにも病院に行かなくても簡単に検査ができるようになりました。2014年4月より臨床検査技師法の一部改正により薬局やドラッグストアで簡単に検査を受けることができるようになりました。費用は、500円から1,000円と格安。検査結果が分かるまでの時間は、10分前後。尿試験紙より詳しく糖尿病の検査(血糖値、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が可能。こんなに簡単に...

体臭で分かる糖尿病体臭で糖尿病が判断できる?もしこのような臭いの体臭を感じたらもしかしたら糖尿病が原因かも?体臭にも色々な臭いがありますが、もしこのような臭いなら糖尿病の疑いがあるかもしれません。糖尿病は、ご存知のように血液中の血糖値、糖分の上昇によって起こる病気です。血糖値のコントロールがうまくいかないとケトン体という成分が生成されます。ケトン体とは、アセト酢酸、3-ヒドロキシ酪酸、アセトンの総...

EPAやDHAなどオメガ3必須脂肪酸等を含む魚の油は、体に良いと言われ、いろいろなサプリメントとして販売されています。今までの研究結果によるとこれらの魚油をよく摂る人は、動脈硬化の予防、血栓を作りにくくする、中性脂肪値を下げる、悪玉コレステロール値を下げる、学習機能の向上、痴呆症の改善予防など多くの効能が認められています。このように良いことずくしの魚油に大きな落とし穴があるような研究結果が発表され...

妊婦の約1割がかかるという妊娠糖尿病。妊娠前は、血糖値コントロールが上手くでき健康体だった女性が妊娠期間中に発症する糖尿病を妊娠糖尿病と呼んでいます。妊娠中は、胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出て、血糖値が上がりやすい状態になるため妊娠糖尿病を発症しやすい妊婦が増えます。この妊娠糖尿のリスクを減らすには何が必要かいろいろ試した中で妊娠18週前後の運動が妊娠糖尿病の発症リスクを軽減するということ...

アメリカのハーバード大学の研究によると2型糖尿病患者は、脳への十分な血液供給量の不足により思考力、記憶力が低下する可能性があることがわかりました。2型糖尿病を発症して2年足らずで、脳への必要な血液量のコントロール機能が低下し、その結果脳に十分な血液が送られなくなり思考力、記憶力の低下を招く結果が見られたそうです。脳の機能を十分発揮するには充分な血液量が不可欠です。この血液量が2型糖尿病になると充分...

アメリカでの臨床試験で2型糖尿病の治療薬として用いられているチアゾリジン誘導体が骨折と大いに関係有ることがわかりました。糖尿病を発症して約11.1年、平均年齢62.4歳の男女6865人を対象に調査した結果、2型糖尿病治療薬として用いられるチアゾリジン誘導体を服用していた女性に骨折をする人が多く見られました。チアゾリジン誘導体は2型糖尿病を改善する薬ですが、脂肪細胞を増やすため骨を作る細胞が減少しま...

サラダ油サラダと言う言葉から、何か健康に良いイメージをさせるサラダ油ですが、サラダ油、キャノーラ油等の精製植物油には健康を害する危険が一杯なのです。軽く上げてみても以下のような危険が潜んでいます。●リノール酸は、体内で炎症物質となり、アレルギーや糖尿病、がんなどを発症させるリスクが増える。●いま各国で禁止されつつあるトランス脂肪酸は植物油を加工して作られたマーガリンや加工食品に多く含まれている。●...

肥満は、いろいろな病気の原因の一つとされ肥満体型にならないよう日々努力されてる方も少なくありません。肥満は、もちろん健康にとって悪ですが、逆に痩せ過ぎも注意が必要です。現在日本女性には、痩せたいという願望が強い方が多いです。スタイルを良くしたいのは、分かりますが、過度なダイエットは危険です。厚生労働省によると、20代の日本女性の平均摂取カロリーは1628キロカロリーだそうです。この摂取カロリーは、...

ニキビが治りにくい原因に糖尿病が疑われています。ニキビができる原因の一つでよく言われているのは内臓疾患です。特に肝臓に支障があるとニキビができやすいと言われています。しかし大人になってニキビができそのニキビがなかなか治りにくいものがあります。この場合に疑われるのが糖尿病ではないかということです。ある研究グループによるとニキビになるとインスリン抵抗性が高くなるという研究結果がでました。普通血糖値は上...

健康に関する常識も昔とは変わった研究発表が最近目につきます。血糖値のコントロールは糖尿病に繋がり尿酸値の異常は痛風の発症に繋がります。血糖値と尿酸値は中年男性にとって健康診断でもっとも気になる数値の一つです。血糖値とは、食後小腸から吸収されたブドウ糖の血中に占める濃度です。血糖値は、健康体なら食後2時間位で正常値に戻ります。尿酸値は、人間の体内で生成分解した老廃物である尿酸が血液中に占める濃度値で...

国際医療センターの調査によって、糖尿病リスクと喫煙、禁煙の関係がかなりの部分解明されました。男女約5万4千人について、喫煙状況を含む健診データに基づき約4年間の追跡調査の結果、約2400人が、生活習慣も原因とされる2型糖尿病を発症していました。2型糖尿病にかかるリスクは、1日に11〜20本タバコを吸う人で36%、21本以上吸う人では50%という結果がでました。、たばこを吸うことで糖尿病になるリスク...

カロリーゼロとか人工甘味料と聞くと、ダイエットや糖尿病予防に良さそうに思うが、実はこれが危険だという研究発表がイスラエルの研究チームによって発表されました。ダイエットしている方や糖尿病が気になる方は、つい「カロリーオフ」「カロリーゼロ」という表示に魅力を感じますが、一般的に使用されている人工甘味料のサッカリン、スクラロース、アスパルテームなどが使用されている場合、たとえカロリーゼロでも耐糖能異常を...

糖尿病は、血管が詰まりやすい病気になりやすいと言われています。血管は、目や腎臓などの細い血管だけではなく、心臓や脳へ通じる太い動脈も動脈硬化が進むと詰まってしまいます。糖尿病を放置しておくと、血管がつまり失明、腎機能障害、心筋梗塞、脳梗塞などを発症します。平成23年度の日本における調査結果によると、糖尿病患者1,000人を1年間調査した結果、心筋梗塞を発症した患者は、約10人、脳梗塞を発症した患者...

昼食後、猛烈な眠気で仕事に集中できない。こんな経験をした方は、少なくないのではないでしょうか。お腹が満たされると、眠気が襲ってくるのは、ごく自然な現象です。原因は、オレキシンという覚醒効果のあるホルモンの分泌量が満腹になると減少するため眠くなると考えられています。ただし、眠気の度合いが仕事ができないほどのものなら、少し心配です。これらの眠気の原因は、膵臓の機能低下かも知れません。食後眠くなるのは、...

2型糖尿病改善には、食生活の改善と適度な運動をまずしましょう、と言われていますが、食事は何を取ればよいのか、運動は何をすればよいのか?普通よく言われている適度な運動とは、1日30分程度のウォーキングが最適だと言われています。毎日30分歩き続けるのは、血糖値コントロールに良いと言われてもなかなか続けることは、簡単ではありませんよね。運動嫌いなものにとって、もっと簡単にできる方法はないのでしょうか。ニ...

空腹時血糖の基準値は60〜109mg/dLです。血糖値が、100mgの場合正常値範囲ですが、最近の調査の結果血糖値100mgでも決して安心できない調査結果がでました。空腹時血糖値100-125mg/dlの場合心血管疾患リスクは、血糖値100未満の人に比べ 1.13倍になるということが分かりました。冠動脈疾患リスクは 1.10倍脳卒中リスクは 1.06倍死亡リスクは 1.13倍です。また空腹時血糖値...

ダイエットと聞くと食事制限で空腹が我慢できないイメージがありますが糖質制限ダイエットの場合、意外とコッテリした食べ物もOKな場合があります。基本は、糖質制限ですから糖質の少ない肉や野菜、乳製品はOKです。例えば、生クリームケーキやコーヒーのトッピングに使われる生クリームは砂糖が入っていなければ食べてもかまいません。ただ動物性の生クリームは良いのですが、植物性の生クリームはトランス脂肪酸を含むためお...

歯周病とは、日本臨床歯周病学会の説明によると歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりする炎症性疾患です。従来の研究では、糖尿病になると免疫力が低下し、その結果歯周病が悪化するリスクが増えるということは明らかでしたが、近年の研究では、歯周病菌が体内に入ることで血糖値のコントロールが効かなくなるという...

糖尿病は、ご存知のように合併症が怖い病気です。糖尿病の三大合併症といえば ●糖尿病網膜症(失明する危険がある) ●糖尿病腎症(腎臓障害で人工透析患者の危険がある) ●糖尿病神経障害(手足のしびれ等、勃起不全の危険がある)があり、命に関わるものも少なくありません。これ以外にも免疫機能の低下で肺炎にかかりやすくなり、また心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞等の脳疾患になるリスクも高いため糖尿病患者は平均寿命に...

糖尿病になると血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなり、血液がドロドロになり血液の流れも悪くなります。その為、身体は少しでも血液の流れを良くしようと水分を欲しようとします。唾液の分泌も低下し口の中も渇きます。だ液が少なくなると口内の細菌も増え歯周病になるリスクも増えます。歯周病になると口臭も強くなります。糖尿病になるとケトン体というニオイ物質が血液に取り込まれ肺に到達すると甘酸っぱい独特の口臭が...

糖尿病はインスリンを分泌するすい臓機能の低下が原因で起こる病気です。自覚症状が非常に少なく放置しがちな病気ですが、放っておくと手足の壊死や失明の危険もある合併症の恐ろしい病です。インスリンは、血液中の糖をエネルギーに替える機能をもっています。この機能がうまくはたらかなくなると糖がそのまま尿糖として排出され、食べても食べても体外に排出されてしまいます。急激に痩せることがあるのはこのためです。インスリ...

禁煙すると血糖値がむしろあがり、禁煙3年間は、体重の変化に関係なく血糖値は不安定になるという調査結果がイギリスの研究グループより発表されました。喫煙は、糖尿病患者にとってよくないことは分かっています。ですから、喫煙している糖尿病患者には、まず禁煙が勧められます。イギリスの研究グループは、喫煙している糖尿病患者1万人余りを対象に禁煙が糖尿病患者にどのような影響を与えるか検証した。その結果約3000人...

日本人の主食はお米です。お米の消費量が減っているとは言え、まだまだお米は主食です。血糖値が心配な方は、白米よりも玄米が良いと言われていますが、白米でもおかずの種類によっては血糖値が上がりにくいものがあることが明らかになりました。米と一緒に食べるおかずによって食後の血糖値の変化を調べた結果、お米と食べるおかずの種類によって血糖値が上がりにくいものが分かりました。調査対象は、健康な中国人男性15人に、...

日本一のうどん消費県である香川県は、糖尿病の死亡率が全国3位である為うどんの食べ過ぎは糖尿病リスクを高めるのではないかと言われている。専門家の見解は、香川県人のうどんの食べ方に原因があると言われています。香川県では、うどんを食べるときおにぎりや稲荷すしなどと一緒に食べる人が多いそうです。炭水化物の重ね食いで、炭水化物が過剰摂取され、その為糖尿病リスクが高くなるそうです。炭水化物は体内で糖に分解され...

糖尿病性昏睡(とうにょうびょうせいこんすい)とは糖尿病の急性合併症で、一時的に著しい高血糖になることによって昏睡状態となり適切な処理が行われないと危険な状態になります。体調不良によって平常通りに服薬できなかった場合などに特に起こりやすく、主に以下の二つ「糖尿病性ケトアシドーシス」「高血糖高浸透圧性昏睡」に分類されます。糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)とは血液が酸性に傾いた状態を「アシドーシス」と...

糖尿病リスクを下げるには、体を動かすことは欠かせないポイントです。しかし仕事によっては、長時間座りっぱなしという仕事も少なくありません。体を動かさなければならないのはわかるのですが、では具体的にどの程度の運動をすれば良いのでしょうか?この度、アメリカの糖尿病学会が新ガインドラインを発表しました。例えばデスクワーク中心の仕事をしている人は、従来のガインドラインでは、「90分に1度は3分程度の軽い身体...

糖尿病は生活習慣の不摂生、食べ過ぎ運動不足による肥満等が主な原因だと言われていますが、他にいろいろな要因があることが様々な研究で明らかになっています。最近では、睡眠不足が血糖値の上昇を招き、その結果糖尿病リスクが上がるということが、多くの研究結果で明らかにされています。では何故睡眠不足だと血糖値が高くなるのでしょうか?原因は、交感神経を活発にするホルモンにあります。このホルモンは睡眠不足になると分...

辛いものを食べたわけでもないのに食事中に汗をかくのは、いろいろな病気の要因だと考えられます。考えられる要因のひとつに糖尿病があります。糖尿病は、自覚症状を感じないまま気がついたらいろんな合併症になっているかもしれない怖い病気です。普段気温が高くないのに頭や顔、胸に汗をかいたり、食事中に辛いものを食べたわけでもないのに、急に汗をかくのは糖尿病性神経障害といわれ自律神経の乱れで起こる症状です。糖尿病の...

糖尿病改善に糖質制限は、危険という意見と効果的という意見が対立しています。農林水産省や厚生労働省、日本糖尿病学会、日本動脈硬化学会など日本においては、炭水化物:タンパク質:脂肪は6:2:2の割合でとることを奨励しています。つまり日本では糖質制限は、しないほうが良いという意見が大半です。しかし、アメリカの糖尿病学会が、2013年のガイドラインで、適切な3大栄養素比率は確立されていないことを認めたため...