コーヒーと糖尿病

コーヒーと糖尿病

二重まぶた

コーヒーをよく飲む人は、飲まない人に比べていろいろな病気の発症率や死亡リスクが低いという研究報告が多く発表されています。

 

多くの人々の生活習慣を調べて追跡調査し、病気との関係を調べる研究を「コホート研究」と呼ぶそうです。

 

病気との因果関係を調べる上で、このコホート研究は、大規模で数多くの事例が必要だそうです。

 

最近では、 国立がん研究センターの研究チームが全国の男女約9万人を対象に「あなたは、コーヒーを1日に何杯飲みますか」と尋ね、その経過を約19年間追いました。

 

その結果、1日に3〜4杯飲む人はほとんど飲まない人に比べ、死亡リスクが24%低かったそうです。

 

国立国際医療研究センター糖尿病研究部の野田光彦部長も、数多くのコホート研究の結果から判断して「コーヒーをよく飲む人は糖尿病と肝臓がんを発症しにくいことはほぼ確実と言える」と述べています。

 

また世界各国の研究結果からもコーヒーの飲む量が多い人ほど糖尿病の発症リスクが低い傾向にあるという報告されています。

二重まぶた

 

コーヒーがなぜいろいろな病気の発症リスクを下げ糖尿病予防にも効果がある理由はコーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールにあります。

 

このクロロゲン酸は血糖値を下げ、カフェインがエネルギーを熱で放出させて脂肪の蓄積を減らすためだと考えられています。

 

コーヒーが良いと言っても、やはり飲み過ぎはいけません。
1日3〜4杯の適量な量で健康が保たれるのであればコーヒーが苦手な方も一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 


美味しい安価なコーヒーで糖尿病撃退?

日本でもコーヒーの消費量が増えています。
最も消費量の多い京都では、1日平均4.5杯
日本全国平均では約3杯です。

 

コーヒスタンドや最近ではコンビニでも
手軽に美味しいコーヒーが安価で飲める時代です。

 

コーヒーには、いろいろな病気のリスクを減らす効果があると言われています。

 

先日も、アメリカのハーバード大学の研究によると
1日コーヒー1杯以上増加すると糖尿病発症リスクが11%減少したと報告されています。

 

また1日3杯以上飲む人は、糖尿病に最もかかりにくいという結果が報告されました。

 

コーヒー豆には、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が多く含まれています。

 

このクロロゲン酸には、強い抗酸化作用や脂肪の蓄積を抑える働きが報告されています。

 

日本でも、国立がんセンターによると、
1日のコーヒー摂取量が3杯以上飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて
心疾患・脳血管疾患・呼吸器疾患による死亡リスクが40%前後低下したと報告されました。

 

このようにコーヒーは糖尿病以外の疾患でもリスクを下げています。

 

手軽に安価で美味しいコーヒーが飲める状況にあるのですから
健康を考えてコーヒーを飲むのも良いかもしれません。

 

毎日コーヒーを飲んで2型糖尿病予防?

コーヒー

ギリシアのハルコピオ大学の研究グループは、
10年間に渡る調査で、
毎日コーヒーを愛飲している(1日あたり1.5杯以上飲む)人たちは、
時々コーヒーを飲む(1日あたり1.5杯未満)人たちに比べて、
2型糖尿病にかかる確率が半分であったことを明らかにした。

 

コーヒーを飲む習慣は、
2型糖尿病にかかるリスクを低減してくれるかもしれません。

 

コーヒーの摂取量と2型糖尿病のリスク低減関係は、これまでにも調査が行われている。

 

2012年に行われた調査では、
1日あたり4杯以上のコーヒーを飲む人々は、
糖尿病にかかる可能性が50%低く、
1杯増えるごとに疾患リスクは
7%近く下がるということが明らかになっています。

 

コーヒーを飲むと2型糖尿病になるリスクが減るのは、
コーヒー豆に含まれる抗酸化物質が炎症を抑制する効果があり2型糖尿病になるリスクを下げているのではないかと考えられています。

 

ただコーヒーが2型糖尿病予防に効果があるとはいえ、砂糖やミルクを入れたコーヒーはNGです。

 

砂糖入りコーヒーでは、かえって糖尿病リスクが増えてしまいます。

 

飲むならブラックコーヒーがお薦めです。

 

◎フィットライフコーヒー


病院で指導される食事療法では、なぜ血糖値は下がらないのでしょうか。


食事療法と言っても全て同じではありません。
血糖値が確実に下る食事療法でないと意味ありません。
もし興味があれば、こちらのサイトに詳しく書かれています。
◆食事だけで血糖値を下げる最新食事療法を御覧ください。

関連ページ

糖尿病が原因でがん、認知症が増加
糖尿病がアルツハイマー病等の認知症を発症する可能性が高くなることが判明。ワシントン大学の研究によると、マウスの血糖値を異常に高くすると脳内にアミロイドベーターというタンパク質の増加が認められた。
糖尿病、太っている方が死亡率が高いはウソ?
BMI値30を超える肥満患者は、健康体重の患者と死亡率が同じだった。太っているから、ダメという結果にはならなかったのです。また、この中でBMI値18.4以下の痩せている患者が一番死亡率が高かったそうです。標準体重よりも痩せるとかえって危険なのです.
歯周病は糖尿病の合併症?
糖尿病になると同時に歯周病になる確率が増えることから歯周病は糖尿病の合併症だと、かなり前から言われてきました。現在では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化し、また歯周病を治療すると糖尿病が改善するという研究結果も報告されています。
合併症になる確率と怖さ
糖尿病を甘く見ていると大変なことになるというのがよく分かります。糖尿病は、合併症が怖いのだということはよく知られています。糖尿病の三大合併症といえば、網膜症、腎症、神経障害です。網膜症とは、眼の網膜部分の出血で視力が低下し、
糖尿病、世界で激増中!
糖尿病患者は、世界で激増中だそうです。イギリスのBBCによると、先進国での糖尿病患者は増加の一途で、原因の一つに過食による肥満が上げられています。研究報告書によると、1990−2013年、糖尿病患者数は45%増えたということです。
頻脈と糖尿病リスク
「安静時の心拍数が高い頻脈の人は、体の機能低下によって糖尿病や糖尿病予備群となるリスクが高くなると考えられる」とXiang Gao准教授は語っています。1分間の心拍数が10上がる度に、糖尿病の発症リスクは23%アップするそうです。
卵が糖尿病のリスクを減らす?
「卵と2型糖尿病の発症」に関する調査結果で卵の摂取量が増えると、2型糖尿病のリスクが低下することが明らかになりました。具体的には、週4個卵を食べた男性は週1個食べた男性と比べて2型糖尿病の発症リスクが37%低下したそうです。
「HONDA」さんは要注意!
アメリカの医療機関で歓迎されるのは「HONDA]さんだそうです。「H」はハイパーテンション(高血圧)「O」はオビース(肥満)「N」はノンコンプライアンス(医者言うことを聞かない聞かない人)「D」はダイアベテス(糖尿病・糖尿病予備群)「A」はアダルト(大人)
薬局で簡単糖尿病検査
2014年4月より臨床検査技師法の一部改正により薬局やドラッグストアで簡単に検査を受けることができるようになりました。費用は、500円から1,000円と格安。検査結果が分かるまでの時間は、10分前後。尿試験紙より詳しく糖尿病の検査(血糖値、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が可能。
体臭と糖尿病
体臭で分かる糖尿病.体臭で糖尿病が判断できる?もしこのような臭いの体臭を感じたらもしかしたら糖尿病が原因かも?体臭にも色々な臭いがありますが、もしこのような臭いなら糖尿病の疑いがあるかもしれません。
魚油(EPA,DHA)が糖尿病リスクを増やす?
魚油をよく摂る人は、動脈硬化の予防、中性脂肪値を下げる、悪玉コレステロール値を下げる、学習機能の向上、痴呆症の改善予防など多くの効能が認められていますが、しかしEPAやDHAを豊富に含む魚油が糖尿病リスクを増やす?
妊娠18週前後での運動の効果が妊娠糖尿病に効果?
妊婦の約1割がかかるという妊娠糖尿病。妊娠前は、血糖値コントロールが上手くでき健康体だった女性が妊娠期間中に発症する糖尿病を妊娠糖尿病と呼んでいます。妊娠中は、胎盤から糖の代謝が悪くなるホルモンが出て、血糖値が上がりやすい状態になるため妊娠糖尿病を発症しやすい妊婦が増えます。
思考力低下は、糖尿病が原因だった
2型糖尿病患者は、脳への十分な血液供給量の不足により思考力、記憶力が低下する可能性があることがわかりました。2型糖尿病を発症して2年足らずで、脳への必要な血液量のコントロール機能が低下し、その結果脳に十分な血液が送られなくなり思考力、記憶力の低下を招く結果が見られたそうです。
糖尿病の薬の服用をやめると骨折率が低下?
2型糖尿病治療薬として用いられるチアゾリジン誘導体を服用していた女性に骨折をする人が多く見られました。チアゾリジン誘導体は2型糖尿病を改善する薬ですが、脂肪細胞を増やすため骨を作る細胞が減少します。その結果、骨折が増えたのではないかと考えられます。
まだあまり知られていないサラダ油の危険性
サラダ油サラダと言う言葉から、何か健康に良いイメージをさせるサラダ油ですが、サラダ油、キャノーラ油等の精製植物油には健康を害する危険が一杯なのです。軽く上げてみても以下のような危険が潜んでいます。●リノール酸は、体内で炎症物質となり、
痩せ過ぎは、本人だけでなく生まれてくる赤ちゃんに糖尿病リスク?
肥満は、もちろん健康にとって悪ですが、逆に痩せ過ぎも注意が必要です。現在日本女性には、痩せたいという願望が強い方が多いです。スタイルを良くしたいのは、分かりますが、過度なダイエットは危険です。
にきび!昔は青春のシンボル!今は糖尿病注意!
ニキビが治りにくい原因に糖尿病が疑われています。ニキビができる原因の一つでよく言われているのは内臓疾患です。しかし大人になってニキビができそのニキビがなかなか治りにくいものがあります。この場合に疑われるのが糖尿病ではないかということです。
血糖値と尿酸値の新常識とは
血糖値のコントロールは糖尿病に繋がり尿酸値の異常は痛風の発症に繋がります。血糖値と尿酸値は中年男性にとって健康診断でもっとも気になる数値の一つです。血糖値とは、食後小腸から吸収されたブドウ糖の血中に占める濃度です。
喫煙、禁煙と糖尿病リスクの関係
禁煙期間が5年の場合、あまり変化は見られなかったのですが、 禁煙期間が10年以上になると、なんと糖尿病発症リスクはタバコを吸っていない人と同じだという結果が報告されています。
カロリーゼロ商品や人工甘味料でも肥満や糖尿病の恐れあり
カロリーゼロとか人工甘味料と聞くと、ダイエットや糖尿病予防に良さそうに思うが、実はこれが危険だという研究発表がイスラエルの研究チームによって発表されました。
糖尿病になると心筋梗塞や脳梗塞リスクが4倍に!
糖尿病は、血管が詰まりやすい病気になりやすいと言われています。血管は、目や腎臓などの細い血管だけではなく、心臓や脳へ通じる太い動脈も動脈硬化が進むと詰まってしまいます。糖尿病を放置しておくと、血管がつまり失明、腎機能障害、心筋梗塞、脳梗塞などを発症します。
食後の眠気は、糖尿病予備群現象?
血糖値コントロールにもっとも効果的な運動は、食後10分間のウォーキング
食後10分間のウォーキングが、好きな時間に30分するウォーキングよりも血糖値コントロールにおいて良い結果がでたそうです。
血糖値100mgでも安心できない?
空腹時血糖の基準値は60〜109mg/dLです。血糖値が、100mgの場合正常値範囲ですが、最近の調査の結果血糖値100mgでも決して安心できない調査結果がでました。
糖尿病とダイエット意外に食べれる糖質制限ダイエット
ダイエットと聞くと食事制限で空腹が我慢できないイメージがありますが 糖質制限ダイエットの場合、意外とコッテリした食べ物もOKな場合があります。基本は、糖質制限ですから糖質の少ない肉や野菜、乳製品はOKです。
歯周病は、糖尿病だけではなく色々な疾患に悪影響を与える
歯周病は、単なる歯の病気ではありません。近年明らかになってきたのは、歯周病菌の影響で、糖尿病の悪化、高血圧、骨粗鬆症、肺炎、妊婦の早産、関節炎、関節リュウマチなどいろんな疾患に悪影響を与えているようです。
糖尿病患者の長生き度が大幅に改善
糖尿病患者の平均死亡年齢は、1971年〜1980年の調査では、男性が63.1歳、女性64.9歳とかなり低い数字でした。2001年〜2010年の調査では男性が71.4歳、女性が75.1歳となり、男性で8.3歳、女性で10.2歳、糖尿病患者の死亡年齢が伸びています。
あなたの口臭で糖尿病診断
糖尿病になるとケトン体というニオイ物質が血液に取り込まれ肺に到達すると甘酸っぱい独特の口臭が発生します。もし口臭が甘酸っぱいニオイがしていると感じたら糖尿病の検査を受けることをお勧めします。
糖尿病改善食事療法の意外な落とし穴
糖尿病の食事療法では糖分控えめがまず第一ですが、糖分よりも注意しなければならないものにアルコールと脂肪分があります。糖尿病を根本的に予防、改善するには、インスリンを分泌する膵臓の機能低下を防ぐことです。
糖尿病、禁煙しても3年間は効果薄
禁煙後3〜5年の人は喫煙を続けている人より血糖値のコントロールうまくいかず糖尿病のリスクが高くなるというデータもあり、禁煙後10〜12年が経ってようやく、一度も喫煙したことのない人とリスクが同等になるというデータもあります。
お米とおかずの食合せで血糖値コントロール
米と一緒に食べるおかずによって食後の血糖値の変化を調べた結果、お米と食べるおかずの種類によって血糖値が上がりにくいものが分かりました。@白米のみ A白米と魚 B白米と卵白 C白米と豆腐 D白米と鶏肉このD種類のパターンを調べた結果、血糖値の上昇が少なかった組み合わせはC白米と豆腐でした。
うどんは糖尿病リスクを上げる?
うどんは糖尿病リスクを上げるのでしょうか?専門家の見解は、うどんの食べ方に原因があり。うどんを食べるときおにぎりや稲荷すしなどと一緒に食べる炭水化物の重ね食いで、炭水化物が過剰摂取され、その為糖尿病リスクが高くなるそうです。
糖尿病の副作用の中でも特に怖いのが糖尿病性昏睡
糖尿病性昏睡とは糖尿病の急性合併症で、一時的に著しい高血糖になることによって昏睡状態となり適切な処理が行われないと危険な状態になります。体調不良によって平常通りに服薬できなかった場合などに特に起こりやすく、主に以下の二つ「糖尿病性ケトアシドーシス」「高血糖高浸透圧性昏睡」に分類されます。
長時間座りっぱなしに米糖尿病学会が新しいガイドライン
デスクワーク中心の仕事をしている人は、従来のガインドラインでは、「90分に1度は3分程度の軽い身体活動をする」でしたが、今回のガインドラインでは、「30分おきに3分程度の軽い身体活動をする」に変わりました。
糖尿病リスクは食べ過ぎ、運動不足だけではない、寝不足も高血糖へ
最近では、睡眠不足が血糖値の上昇を招き、その結果糖尿病リスクが上がるということが、多くの研究結果で明らかにされています。では何故睡眠不足だと血糖値が高くなるのでしょうか?原因は、交感神経を活発にするホルモンにあります。
食事中の汗、もしかして糖尿病かも?
辛いものを食べたわけでもないのに食事中に汗をかくのは、いろいろな病気の要因だと考えられます。考えられる要因のひとつに糖尿病があります。 糖尿病は、自覚症状を感じないまま気がついたらいろんな合併症になっているかもしれない怖い病気です。
糖質制限は、糖尿病改善になりうるのか?
糖尿病改善に糖質制限は、危険という意見と効果的という意見が対立しています。日本では糖質制限は、しないほうが良いという意見が大半です。しかし、アメリカの糖尿病学会が、2013年のガイドラインで、適切な3大栄養素比率は確立されていないことを認めたため、従来の「栄養バランス」の考え方は少しずつ変わってきています。