コレステロールのコントロールはなぜ必要か

コレステロールのコントロールはなぜ必要か

コレステロールは、細胞膜に見られる脂質で、哺乳類においては、食事で作られるものではなく、体内で合成されて作られます。
コレステロールには、LDL(悪玉コレステロール)」「HDL(善玉コレステロール)」がありどちらも必要なものですが、多すぎるのはよくありません。

 

悪玉コレステロールの量が増えると動脈硬化のリスクが高くなると言われています。
悪玉コレステロールは、血液を通して身体中にコレステロールを運ぶ働きがあります。その悪玉コレステロールが増えすぎると血管内に残り血管壁に付着し血管の機能が低下し、動脈硬化を引き起こすと考えられています。

 

糖尿病患者もインスリン機能の低下により脂質の代謝が悪くなり、血液中の悪玉コレステロールの量が増えることで動脈硬化のリスクを高めると考えられています。

 

 

糖尿病を発症するとインシュリンの働きが悪くなり、脂質の代謝が悪くなってしまいます。
脂質が代謝されないと、血液中の中性脂肪が増加し、悪玉コレステロールも増加してしまいます。
さらに、悪玉コレステロールが増加することで、善玉コレステロールが減少し、動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。

 

動脈硬化が進むと命に関わる病気を発症するため、甘く考えてはいけません。
例えば血管内に血栓ができ、冠動脈で詰まり心臓へ血液が流れなくなると心筋梗塞を発症し、その血栓が脳で詰まると脳梗塞を発症します。

 

動脈硬化は、高血圧や糖尿病になると発症リスクが高くなり危険です。

 

動脈硬化の進行度合いは、LH比といわれる指標でわかります。
LH比は「LDL(悪玉コレステロール)」÷「HDL(善玉コレステロール)」で表されます。

 

このLH比が2.0以下ならばOKです。この数値が2.0以上で2.5を超えると動脈硬化が進行し心筋梗塞などの発症リスクがたかくなります。

 

コレステロール値の基準値は、
LDL(悪玉コレステロール)140r/dl以下
HDL(善玉コレステロール) 40r/dl以上です。

 

この基準値内なら安心かというと、そうでもないようです。

 

LDL(悪玉コレステロール)140r/dl以下でも心筋梗塞を発症するケースもあり、
またHDL(善玉コレステロール) が高くてもまれに動脈硬化を発症する人がいることがわかってきました。

 

そこで、注目されたのが、LH比です。

 

LH比が2.0以上の場合LH比を改善する方法は、ずばりLDL(悪玉コレステロール)を減らし、HDL(善玉コレステロール)を増やすことです。

 

■LDL(悪玉コレステロール)を減らすには


・肝臓の機能を良くする。
 肝機能が低下すると血中のコレステロールの処理がうまくできなくなるからです。
肝臓の機能を上げるにはタウリンです。タウリンは、牡蠣、ホタテ、イカなどに多く含まれる成分です。
これらの魚介類を意識的に摂ると良いでしょう。

 

他のLDL(悪玉コレステロール)を減らす食品では
・大豆製品
 大豆に含まれるレシチン・イソフラボンなどがLDL(悪玉コレステロール)を下げる働きがあります。
豆腐や豆乳を摂る食習慣もよいかもしれません。

 

・食物繊維
 食物繊維もコレステロール低減には役立つものです。ゆであずき、おから、茹でえんどう、茹で大豆、シソなどの食物繊維を多く含む食品も意識的に摂り入れると良いでしょう。

 

・ヨーグルト
・リンゴ
・オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

 

■HDL(善玉コレステロール)を増やすには

善玉コレステロールを増やすには、有酸素運動です。
誰でもできるウォーキングを1日30分程度行うことを習慣化しましょう。

 

食品では、ブロッコリー、キャベツなどの野菜類。水溶性食物繊維が豊富なわかめ、もずく、めかぶ、こんぶ、ひじき、ところてんなどの海草です。
またアーモンドチョコレートもお勧めです。